...


小林 孝司(Koji Kobayashi)

学生の頃、友人たちとバイクで北海道をツーリングしていたときに、偶然出会った美瑛の丘。その美しさに魅了され、いつかこの丘の真ん中で暮らしたいと想いました。

その想いがどんどん強くなって、とうとう2010年に移住を果たしました。その後、美瑛の丘に理想的な土地を手に入れることができ、小さいながらもこだわりの住居も持つことができました。

そして、美瑛での暮らしも10年が過ぎて、美瑛への想いがどんどん膨らむ一方で、この農業景観をいつまでも守るために解決しなければならない課題も見えてきました。

美瑛の魅力にとりつかれた私が、いつまでもこの農業景観を残していくためにできることは、何だろう?

非農家である私にとって、農家の営みであるこの農業景観を守るためにできることは、どんなことかと考えていたときに、この畑看板のアイディアにたどり着きました。

こうして、10名の農家と「美瑛畑看板プロジェクト」がスタートすることになったのです。

これからも、ブラウマンの取り組にあたたかいご支援をどうぞよろしくお願い致します。